よくある質問集

(第1回)「水虫は治りますか?」 「水虫はあきらめています」

 水虫のつけ薬は薬局でも簡単に買えますので、きちんと塗れば良くなるはずです。ところが良くならないときには、(1)皮膚病が水虫でない(2)きちんと薬がつけられてない(3)薬が効いていない、のいずれかが考えられます。(1)については、靴によるかぶれ、汗疱[かんぽう]、掌蹠膿疱症[しょうせきのうほうしょう]、掌蹠角化症[しょうせきかっかしょう]など水虫以外の皮膚病があります。(2)については、足の裏がかゆいと水虫で、かゆくないと水虫ではないと思われている方が非常に多いので、かゆいところにだけ薬をつけて、かゆみがなくなったら塗るのを止めてしまい、きちんと薬がつけられていない場合が考えられます。水虫の薬は白癬菌[はくせんきん](カビの一種)を殺す薬で、水虫で現れた症状を短い時間で治す薬ではありません。菌を殺して、症状をなくすのには時間がかかります(一般に数ヶ月程度、最短数週間、治りにくいものは半年程度)。(3)については、爪の水虫や足の裏ががさがさになる水虫ではつけ薬だけでは治りにくく、飲み薬が必要となります。
 そこで質問に対する答えですが、(こたえ)適切な治療が行なわれていないために水虫が治らないだけで、きちんと治療をすればほとんどの場合治りますすなわち、(1)治療前に皮膚科で水虫の診断を行ない(顕微鏡検査で白癬菌を証明)、(2)広範囲に、十分な期間、塗り落としがないようにつけ薬を塗って、(3)りにくい場合には飲み薬を併用すればほとんどの水虫は治ります。ただし、水虫はウイルス感染などと違って終生免疫はできませんので、一度きれいに治ってもケアが不十分であれば容易に再発します完治を目指すには、治療と並行して、足を乾かしてきれいにする、家族の水虫の人も治療する、足ふきマット・タオルは共用しない、通気性の良い靴下を履く、同じ靴を続けて履かない etc.といった日常生活における注意にも気を配らなければなりません。

(第2回)手のひらや足の裏にみずぶくれができれば、「みずむし」でしょうか?

 みずむしでみずぶくれがみられる場合も当然ありますが、手のひらや足の裏はエクリン汗せんという汗をだす腺が多くあり、その影響でみずぶくれとなることもあります。そのほか、かぶれなどの湿しんでもみずぶくれができることがあります。従って、みずむしかどうか確実に見きわめるには顕微鏡で白せん菌を証明する必要があります。

(第3回)同じ化粧品を使っているのでかぶれるはずはありませんが !?

 顔にできる湿しんがなかなか治らない時に、女性の場合には化粧品かぶれの可能性があることをお話ししますと「以前から同じ化粧品を使っているのでそれはありえません」とあっさり否定されてしまうことがあります。顔に限らず、湿しんがみられた場合にまず考えることは、皮膚の変化が現れたときよりも数週間くらい前までさかのぼって、以前と変わったことがある(新しいものを使用した)かどうかですところが、思い当たるものがない(新しいものを使用していない)場合にはずっと以前から使っているものを含めて、顔に触れる可能性のあったすべてのもののうちいずれかが原因となっている可能性があります具体的なものとして化粧品、化粧用製品(パフ、ビューラーなど)、染毛剤、シャンプー、リンス、点眼薬、植物、眼鏡フレーム、コンタクトレンズ関連製品、帽子、ヘアスプレー、揮発性物質などがあげられます。
 かぶれにはアレルギー性のものと刺激性のものがあります。アレルギー性のかぶれでは皮膚に原因物質が触れると数日後に湿しんができますが、湿しんは皮膚のどの部分にでも、また原因物質が多くの量でも少しの量でも皮膚に触れれば症状が現われますずっと何年も同じ製品を使っていてアレルギー性のかぶれが突然みられることはほとんどありませんが、もしあるとすれば、同じ製品でも添加物などの一部成分をメーカーが勝手に変更していた場合、あるいは皮膚の状態が悪い時に使い続けたために新たに感作された場合(皮膚のバリア機能により皮膚の内部に原因物質が入ることができなかったのが、皮膚の状態が悪いときにはバリアが壊されてしまいますので、そのようなときに原因物質が皮膚の内部に入り、その時点でアレルギーが成立します)が考えられます。刺激性のかぶれでは原因物質が大量に皮膚に触れたり、長期間皮膚に残ると症状がでますが、皮膚に残らなければ症状はみられません。また、皮膚のバリアが壊れていると刺激を受けやすくなり、皮膚の状態が悪い時には刺激性のかぶれが出やすくなります例えば、すすぎが不十分なときにはふつうの人でもシャンプーやリンスによる刺激性のかぶれがみられますが、十分に洗い流すと症状はみられません。クレンジングは刺激が強く、皮膚に残ると多くの方はかぶれますがきちんと洗い流すとたいていの場合症状はみられません。また、生理前など皮膚が過敏な時にだけ化粧品にかぶれることも女性ではめずらしくありません。
 同じ化粧品を使っていながら途中からかぶれる場合には刺激性のかぶれのことが多く、すすぎが十分でないときあるいはお肌のトラブルで皮膚のバリアが壊れている時などによくみられますが、症状が出たり出なかったりすることが多いので、化粧品のユーザーにとっては余計に原因物質として考えにくいようです。明らかな原因物質が見つからない顔面の湿しんでは、以前から使用していた化粧品、シャンプー、リンス、石けんなどは少なくとも一度は原因物質ではないかと検討してみる必要があります。低刺激のもの、無香料のものなど、他のものに変更していくか、一度パッチテストを行って、実際にかぶれの原因になっていないことを確かめてから使用されるほうが良いでしょうもちろん、かぶれの原因になっていることがわかれば直ちにやめなければなりません。
 その他、同じものを使用しながら症状がでたりでなかったりするかぶれの代表的なものとして金属アレルギーと光接触皮膚炎が挙げられます。金属アレルギーの場合には汗をかいたときにだけ症状がみられ、それ以外のときには症状はほとんど目立ちません。一方、光接触皮膚炎では紫外線が当たったときにだけかぶれを起こしますつまり、接触するだけではかぶれを起こさないものが、汗や紫外線が加わって初めてかぶれを起こすということで原因物質をしばしば見落としてしまいます。ファンデーションやビューラーの使用によって金属アレルギーの症状がみられる場合もありますし、同じファンデーションを使っていながら、ファンデーションが残り少なくなったとき(=コンパクトの底の金属が露出しているとき)にだけかぶれを起こすケースなども金属アレルギーが疑われます。めずらしいものでは、革(金属成分を含むため)のバッグを握った手で顔に触ってかぶれることがあります。光接触皮膚炎の原因物質としては日焼け止めの成分であるパラアミノ安息香酸、桂皮酸誘導体、オキシベンゾンなどが挙げられます。
 顔の湿しんは目立つ場所でもあり、早く治したいものです。薬を塗らないと良くならない場合や症状が繰り返しみられる場合には、原因物質を見つけて直ぐに中止する必要があります。ステロイド剤を顔に長期間塗り続けますと副作用がみられることが多くなりますので、是非とも避けなければなりません。

(第4回)無香料・低刺激の石けん、化粧品を使っているのでかぶれるはずがないのですが !?

 外用剤では一定期間品質を保持させるために防腐剤などの添加剤が必ず必要となります。パラベンはその代表的な成分ですが、かぶれをおこすことがあることからパラベンフリー(パラベンが入っていない)の商品が低刺激性として数多く出回っています。パラベンについては、いろいろな点で他の添加剤に優れていることからその使用量が突出して多くなっており、そのためにかぶれを起こす例が目立ちますが、実際には他の添加剤のほうが安全だとは決して言えないようです。一般に、外用剤で使用されている添加剤は商品(メーカー)ごとで異なり、かぶれなどの副作用がみられるかどうかよくわかっていない場合もめずらしくありません。アレルギーテスト済などの表示のもと、すべての人に安全な印象をあたえる商品をときどき見受けますが、これらの商品にも何らかのかぶれを引き起こす成分が入っている可能性があります。又、逆にパラベンや香料などかぶれをおこすことのある成分が入っていても、全員にかぶれがおこるわけではありません。つまり、すべての人に100%安全な石けん、化粧品というのはありません従って、実際に使用している石けんや化粧品にかぶれている可能性が少しでもあるときにはパッチテストを行なって安全かどうかを確認しなければなりません。

(第5回)貼付試験(パッチテスト)は何のためにするのですか?

 パッチテストは、現物(シャンプー、リンス、化粧品、布地など実際に使用しているもの)および検査用の検体(金属、防腐剤、香料、ゴム成分など)を背中あるいは上腕に48時間貼付した後、48時間後、72時間後に皮膚反応の有無により接触皮膚炎(かぶれ)の原因を見つけることが主な目的です。その他、薬疹などの薬物アレルギーの原因薬剤を検索する場合にも行います。実際には、生活用品による刺激性・アレルギー性の皮膚炎、毛染めによるかぶれ、金属によるアレルギーなど、難治性あるいは重症の湿しんの原因検索に非常に有用です
 ステロイド外用を行ってもなかなか湿しんが治りきらない場合には、一度パッチテストを行って原因を見つけだす必要があります。パッチテストで皮膚反応が陽性のものが見つかれば、生活のなかでその現物あるいは成分として含まれるものとの接触を控えることで完治が期待できます。尚、検査を行なう間、最低3日間は入浴ができませんし、暑い時期には発汗により皮膚反応がはげしくでることがありますので、パッチテストは冬場を中心に涼しい時期に行うのが一般的になっています。

1 / 2ページ12

お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集