なるほど!皮膚科豆知識

(第1回)皮膚腫瘍の良性、悪性について

 形のきれいな、大きさの変化の少ないものは良性のものが多く、色がまだらであったり、辺縁がでこぼこしていたり、短い期間(数か月)単位で急速に大きくなったりするものは悪性の可能性があります。その他、キズがなかなか治らないものや触ったときに境目がわかりにくいものは注意が必要です。あくまでこれは腫瘍(皮膚のもりあがりのある固まり)の場合で、湿しんなどにはあてはまりません。

(第2回)ジェネリック医薬品(後発品)について

 平成15年4月よりサラリーマンの医療費負担が2割から3割に負担増となったことから「医療費をできるだけかからなくするためにジェネリック医薬品を処方してもらいましょう」という働きかけがマスコミを中心にしばしば見られるようになりました。そこで、ジェネリック医薬品についてご存知ない方もいらっしゃると思いますので最初にご説明しておきますと、ジェネリック医薬品とは新薬(日本で最初に発売されたお薬)の特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て発売される薬で、新薬が先発品と呼ばれるのに対して後発品と呼ばれています新薬は特許を出願してから20~25年間は開発メーカーが独占的に製造販売することができますが、その特許が切れれば、ジェネリック医薬品メーカーが同じ成分、同じ効き目の医薬品を後発品としてより安価で製造販売することができるようになります。実際に、新薬が発売されてから一定期間がすぎると、多くの後発品が市場に出回るようになり、他院で処方された薬で商品名を一度も聞いたことのないものを調べてみるとたいていの場合はジェネリック医薬品です。
 後発品の一番の特徴は値段が安いということです新薬は開発に投資した費用が薬剤の価格に反映されていますが、後発品はその分の費用がかからないために安い価格にできるわけです。ここで注意しなければならないのは、後発品は十分な治験(薬の投与例での効果や副作用についてのデータ分析)が行われていないため、安全性などのきちんとしたデータがないことです。成分が同じということですが、主成分は同じではあるものの添加剤などを含めてすべてが全く同じわけではありませんすなわち、主成分が同じでも、その他の成分が異なると薬自体の吸収のされ方が異なり、そのために効果が弱くなる可能性がありますその他、アレルギーなどの副作用についても添加剤などが原因となる場合も少なくありませんので、先発品では問題なかったものが後発品では副作用が出るという事もありえる訳です。テレビコマーシャルや情報バラエティー番組、時にはニュース番組の特集などでジェネリック医薬品は先発品と全く同じもので、しかも値段が安いといった内容がしばしば伝えられているのには非常に問題があると思います。かつてのうなぎの産地偽装騒動とジェネリック医薬品を普及させようとする動きは矛盾しているように思われ、食の品質・安全には非常に神経質でありながら、薬の品質には寛容な姿勢が不思議でなりません。ジェネリック医薬品は「安かろう悪かろう」ということが正確に伝えられるべきだと思います。とはいうものの、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の治療薬など、薬の値段が非常に高い場合には先発品と後発品の値段の差があまりにも大きいため患者さんの負担を考えますと、効果は(少し)劣る、あるいは安全性に(少し)問題はあるかもしれないが、安い方が良いという方につきましてはジェネリック医薬品が使われても良いと思います。患者さんのあいだでよく誤解されているのは、値段が高い分先発品を使うと医者に利益があがり、後発品を使うと利益が下がるので後発品を使わないのではないかということですが、このようなことはありません。薬の値段も一般の商品と同じで、卸値と売値があり(しかも、卸値は卸・製薬メーカーに、売値は役所によって決められており医師の裁量は及びません)最近は毎年のようにその差がなくなり、一昔前までのように薬だけで利益があがるということはほとんどありません。
 当クリニックは院内処方を行なっており、数種類のジェネリック医薬品を除きほとんどの薬剤において有効性、安全性の点から先発品を扱っております。尚、ジェネリック医薬品ご希望の患者さんにつきましては院外処方にて対応させていただいておりますので診察時にお申し出ください。

(第3回)内臓と皮膚

 「皮膚は内臓の鏡」といわれるように、皮膚症状以外に内科的な症状がみられ、しかも内科の症状と皮膚症状が相関してみられ、かつ皮膚症状が広範囲(進行性)あるいは左右対称にみられるときには内科疾患からくる皮膚病変を考えなければなりません。
 ところで、外来で「皮膚病の治療をしても良くならないので、内臓が悪いのではありませんか?」とよく聞かれます。そのほとんどは、(1)つけ薬の塗る量、塗る範囲、塗る期間が足りない (2)治療をすれば良くなるが、止めれば悪くなる といったケースです。(1)はいわゆる不適切治療であり、(2)は外部からの原因によりおこる皮膚病変が、原因が取り除かれていないために再発を繰り返しているものです。従って、内臓の病気を疑う前には先ず上記の2項目に当てはまらないかどうかをチェックしておく必要があります。実際に、(1)あるいは (2)があてはまり、外来の診察中に一見して湿しんとわかるものでも、患者さんにとっては「良くならないのは内臓が悪いからではないか」という思い込みのためになかなかご理解を得られないこともあります。
 きちんと治療がなされていながら皮膚症状が本当に良くならない時ならびに特徴的な皮膚症状からおおよそ内科疾患が疑われる場合には必要に応じて検査を行い、内科の病気がないかを調べなければなりません。
 手のひらが赤くなったり、血管腫が顔や躯幹や腕にできたりしますと、肝臓の病気を疑い肝機能の検査を行いますし、じんま疹が続きますと、アレルギーの検査や胃潰瘍、特にピロリ菌の感染がないかどうかを調べます。じんま疹に似た紅斑が消えることなく続く場合には、ウイルス性肝炎、膠原病などを調べていきます。環状紅斑や顔面の紅斑、ならびに冬場に冷水が指に触れた時のレイノー症状(紫色から白色に変わっていく)などが見られれば膠原病を疑います。かゆみが異常に強い時には糖尿病、リンパ腫や肝臓、腎臓、胆のうなどのいろいろな病気を考える必要があります。
「内科で調べてもらったから内臓の心配はないから皮膚の方をみてください」と言われることがありますが、いろいろ検査を行う際にも皮膚の症状に応じて調べる内容が変わってきますので内臓を調べる場合にもあらかじめ皮膚科専門医にご相談の上、適切な検査を受けるようにして下さい。たとえば、膠原病を考えなければならない皮膚症状のときに、肝機能の検査を行って異常がなくても意味がありませんし、胃や肝臓を調べなければならないときにアレルギーの検査をしても同じことが言えます。皮膚病変から内臓の病気を疑う場合には、先ず皮膚科専門医が行える検査を行った上で、その結果をふまえて必要な専門の科の先生を紹介してもらうのが最も適切かと思われます。

(第4回)イボとタコ、ウオノメの違いについて

 足の裏にできる固いもので、外来で最もよくみるのは「ウオノメ」「タコ」ならびに「イボ」です。「ウオノメ」は透明の芯が真ん中にあり押さえると痛みがあります。「タコ」は芯がなく、押さえてもあまり痛みがありません。いずれも、表面をカミソリで削ってもざらざらしたり、出血したりすることはありません。また、できる場所はだいたい決まっています。一方、子どもの足の裏の「イボ」がよく前二者と間違われますが、表面がざらざらしており、薄く削ると点状に出血するのが特徴です「イボ」はウイルス感染ですので、感染が拡大すると数が増えますし、離れた場所にもできることがあります。子どもは体重が軽いので、余程の激しいスポーツをしない限り「ウオノメ」「タコ」ができることはありません。従って、子どもの足の裏の固いものを見た場合には先ず「イボ」を疑ってください。

(第5回)治療のいらない皮膚病について

 外来を受診された患者さんに「何も治療は要りません。様子をみましょう。」と言いますとけげんそうな顔をされることがあります。患者さんにしてみれば、心配のあまり一念発起して皮膚科を受診したのに治療も検査も何もしてもらえないということでがっかりされているからだと思われます。ところで、実際に治療のいらない皮膚病にはどのようなものが考えられるのでしょうか?
 先ず放置してもよいものは、悪性ではないこと(良性であること)が大前提で、その上で、(1)薬(治療)で効くものがなく、自然に治るもの(あるいはひどくならないもの) (2)治療してもその結果が治療前よりも悪くなる(目立つようになる)可能性のあるもの (3)治療の際、副作用のみられるもの (4)患者さん自身が治療を望まないもの があげられます。(1)の代表的なものとしては、ウイルス感染症(単純ヘルペスなど抗ウイルス薬の有効な一部の疾患を除く)があげられます。一般に、全身に激しく皮疹がでても特効薬はなく、自然の免疫反応で1週間~数ヶ月かかって治ります。症状がピークを迎えるまでは日に日に皮疹は悪くなるものの、治癒を早める治療法はなく、対症療法しかありません。そのため、病初期には皮膚症状が一向によくならないために患者さんに不信感を抱かれることも少なくありません。(2)の代表としては、顔面の(小)皮膚腫瘍があげられます。外科的切除などの治療跡のほうが目立つ可能性があり、患者さんが日常生活に不自由を感じていない場合には放置することもあります。(3)については、子どもの水イボやいわゆる(ウイルス性の)イボの治療の際には強い痛みを伴いますので、本人や両親がその痛みに耐えかねて治療を行なわない場合があります。(4)で多いものとしては、ご年配の方のシミやいわゆる(お年寄り)イボがあげられます。悪性のものかどうかを心配して来院され、診察時に皮疹の病状と治療法について説明しますと、「悪いものでなくて安心しました。そのままにしておきます。」と言って帰られる方が多くみられます。ただし、水イボやイボは放置してもほとんどの場合やがては消失しますが、しばらくの間は増えたり、人にうつしたりしますので原則的には治療を行ないますし、ご年配の方のシミやイボもレーザー治療や外科手術をおこなったり、外用剤での治療を試みる場合もあります。従って、(1)を除いて、実際の診療では患者さんと相談しながらその都度治療をおこなうかどうかを決めていきます。

1 / 2ページ12

お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集