言づて

アレルギー検査についてのお知らせ

 初診時の問診表でアレルギー検査を希望される方が多いのですが、診察の中で検査をする必要があると思われる方にしか行なっておりません。当クリニックは主に保険診療で診療を行っておりますので、一定のルールのもとでは残念ながらすべての方に検査をさせていただくことができません。健康診断のように全額患者さんのご負担で自費であれば自由に検査を受けていただくことが出来ます。診察時には詳細についてご説明できないことが多いので、下記をご参照いただければと思います。よろしくお願いします。

※保険診療におけるアレルギー検査の概要
○アレルギーを疑わせる症状があって、医師の判断のもとで行う検査は保険適応となります。
○患者さんの希望により、アレルギーを疑わせる症状がなくスクリーニングで行う検査はすべて実費(保険適応外)となります。
医師が診察して、検査を必要と認めないにもかかわらず患者さんのご希望によりアレルギー検査を行う場合には検査費用のほか診察料もすべて実費となります
○2年ごとの診療報酬改定によって検査料金は変更されます。次回の改定は2012年4月となっています。
○皮膚テストにつきましては、検査材料により費用が異なりますのでご了承ください。

※当院で実施しているアレルギー検査の内容
① 血液検査(IgE(RIST,RAST))
(1)アトピー性皮膚炎の悪化因子の検索に参考となるが、決め手とはならない。(お勧め度○)
(2) じんま疹の原因検索としてはほとんど参考にならないが、食物が原因のじんま疹では有効。(お勧め度×~△)
(3)アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などの原因検索には非常に有効。(お勧め度◎)
② 皮膚テスト
○プリックテスト・・・その場ですぐ(数十分後)結果がわかる
(1)乳幼児のアトピー性皮膚炎で食物アレルギーが関与しているかどうかを調べる。検査結果は参考程度にとどめ、実際に食べたときの症状の変化が最優先される。(お勧め度△~○)
(2)口腔アレルギー症候群(フルーツなどを食べた後に唇やのどに違和感がみられる)では非常に有効。(お勧め度◎)
○パッチテスト・・・48時間後、72時間後に結果判定
重症および治りにくい湿しんでの原因検索で最も有効な検査(お勧め度◎)
*金属アレルギーや直接の原因物質(化粧品・石けん・シャンプー・リンス・洗剤など)を使った検査では検査結果を有効活用すれば湿しんを完治させることも可能だが、原因を突き止められないこともある。(お勧め度◎)        
*アトピー性皮膚炎の悪化因子の検索としてもしばしば有効。(お勧め度○~◎)

※アレルギー検査の費用について
①血液検査(IgE)
検査実施費用として1570円、検査項目が一つ増えるごとに1100円ずつ加算されます。
例)ハウスダスト、スギ、小麦(3項目)を調べた場合
1570+1100×3=4870(円)
(1)検査だけ希望(診察なし)の方は4870円
(2)診察の上で医師の判断のもと行った場合は
4870×0.3=14610(円) 
+ 通常の診察料(その他の処置料を含む)[=3割]
(3)診察の上で患者さんのご希望により(医師は検査を必要と認めない場合)行った場合は
4870円
+ 実費の診察料(その他の処置料を含む)[=10割]
②皮膚テスト
検査実施費用はかからず、検査項目が一つ増えるごとに料金が加算されます。
○プリックテスト
(1)乳幼児のアトピー性皮膚炎で食物アレルギーを調べる場合
検査項目一つごとに420円が加算されます。
*医師が必要と認めた場合には保険対象となります。松山市では無料となります。
*医師が必要と認めない場合に検査を希望されるとき 全額実費となります。 
(2)口腔アレルギー症候群で原因を調べる場合
検査項目一つごとに160円が加算されます。
検査する食物(実際のもの)を持参してもらいます。
○パッチテスト
*検査項目が21種類までは一項目ごとに200円ずつ加算されます。
*検査項目が22種類以上の場合には、一律3500(円)+40(円)×検査項目数 になります。
例)20種類調べる場合
200×20=4000 ×0.3=1200(円)
+ 通常の診察料(その他の処置料を含む)[=3割]
例)25種類調べる場合
3500+40×25=4500 ×0.3=1350(円)
+ 通常の診察料(その他の処置料を含む)[=3割]

ご不明の点がございましたら、お気軽に窓口もしくは診察時におたずねください。

2011/9/10


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集