アレルギーに関する情報

(第1回)アトピ―性皮膚炎の治療におけるステロイドについて

 アトピ―性皮膚炎の患者さんを外来で診察しているときによく言われることのひとつに「ステロイドを使わずに治して欲しい」ということがあります。そこで、「どうしてステロイドを使いたくないのですか?」とたずねますと、たいていの場合「副作用がこわいから」とか「リバウンドがこわいから」といった答えが返ってきます。副作用については、実際に患者さんご自身が経験されたものは少なく人づてに聞いた話や雑誌などの情報がほとんどです。糖尿病や骨が弱くなるような全身にみられる副作用はステロイドの注射や内服にみられるもので、付け薬の場合には主に皮膚での副作用が問題になります副作用としては皮膚が薄くなったり感染症を起こしたりする場合がありますが、皮膚萎縮については皮膚科専門医の指示通りステロイドを適切に使えば普通は見られませんし、感染症についてはステロイドの中止と適切な治療で治ります。それともう一つよく言われるのが「ステロイドを使うと色が黒くなる」ということです。これはステロイドの使用により色がついたのではなく、ステロイドを使って炎症がおさまったために色素沈着が残るのです。ちょうど火事の焼け跡のようなもので、ステロイドを使って早く症状を止めることで使わないときに比べて色素沈着の程度は軽くなります。一方、ステロイド中止によるリバウンドについても、悪化因子が取り除かれていない場合を除いては、炎症(症状)が完全に治まってからステロイドを止めたときに症状が急激に悪くなることはほとんどありませんステロイドが恐い薬ということで炎症が治まりきらないうちに突然中止すると一気に症状が悪化しますが、これはステロイドの不適切な使用により悪化したものであってリバウンドではありません。実際に、ステロイドの不適切な使用による悪化とリバウンドがしばしば混同されています。
 日本皮膚科学会によるアトピ―性皮膚炎の治療ガイドラインではステロイド外用による治療が標準治療とされていることからもわかるように正しく使用すれば必要以上に恐がることはありません


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集