アレルギーに関する情報

(第6回)接触皮膚炎(かぶれ)について

 外来で多く見られる疾患のひとつに湿しんがありますが、そのうち原因が外部からのもので皮膚に接触した部位に症状のみられるものが接触皮膚炎(かぶれ)です。ある皮膚科の施設からの報告では皮膚科外来受診総患者中の接触皮膚炎のしめる割合は6~8%、別の施設からのものでは新患患者中の接触皮膚炎患者のしめる割合が約23%前後となっています。施設によって、また手湿しんのみの症例を含めるかどうかで新患患者数における接触皮膚炎の割合は異なるものの、数多くみられることには違いありません。かぶれは程度の差こそあれ、誰もが一度は経験しうるものですが、症状の非常に軽いものでは気づかれることなく治ってしまう場合もあります。
 かぶれは刺激性のものとアレルギー性のものに分かれます。皮膚に十分な濃度で、十分な時間接触すれば、直接細胞を障害して皮膚炎を生じる物質を刺激物質と呼びますが、刺激性接触皮膚炎の代表的なものとしては、強酸や強アルカリなどの強刺激物質によっておこる紅斑、水ほう(みずぶくれ)、壊死[えし]、潰瘍[かいよう]などの皮膚病変や界面活性剤有機溶媒などの弱刺激物質によっておこる進行性指掌角皮症(主婦などに多く見られる手あれ)などがあげられます。一方、アレルギ―性接触皮膚炎は皮膚に接触した化学物質が免疫反応を介して皮膚炎をおこすもので、初回に皮膚に付着したときには5日後から2週間後に症状がみられますが、2回目以降の接触では12時間から24時間後に原因化学物質が接触した部位にかゆみをともなう紅斑、丘疹、浮腫、小水疱が出現します。アレルギ―性接触皮膚炎で多く見られる原因物質としてはコバルト、ニッケル、クロム等の金属があげられます
 かぶれの治療はステロイド剤の外用で症状をおさえることですが、原因物質との接触を断たない限り症状は完全には治まりません特に、シャンプー、リンスやクレンジングなどの化粧品、洗剤などは刺激性皮膚炎をよく起こしますが、かぶれの原因物質であることに気が付かずに使い続けますとなかなか治りません。毛染めや装飾品のかぶれなどは本人が原因に気づいていても、おしゃれの方を優先させてしまい症状をひどくさせてしまっている場合もあります。また、先にあげた金属かぶれについては、汗をかく時期に症状が目立ち、その他の時期には無症状のこともしばしば見られます。金属成分は青色の染料や革成分あるいは食べ物にもわずかながら含まれていることがあり、原因として気づかれていないこともよくあります。そこで、湿しんが見られた場合に原因物質を探すための検査としてパッチテスト(背中あるいは上腕部に検体を48時間貼布後、48、72時間後[2日目、3日目]に判定)を行うわけですが、検査中は入浴や激しい運動を控えていただけなければなりませんので、たいていの場合は涼しい季節に行います。
 難治性の湿しんでお悩みの方はかぶれの可能性がありますので、原因検索のためのパッチテストを是非一度ご検討ください。原因物質を特定して除去することができれば完治することも夢ではありません。


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集