よくある質問集

(第1回)「水虫は治りますか?」 「水虫はあきらめています」

 水虫のつけ薬は薬局でも簡単に買えますので、きちんと塗れば良くなるはずです。ところが良くならないときには、(1)皮膚病が水虫でない(2)きちんと薬がつけられてない(3)薬が効いていない、のいずれかが考えられます。(1)については、靴によるかぶれ、汗疱[かんぽう]、掌蹠膿疱症[しょうせきのうほうしょう]、掌蹠角化症[しょうせきかっかしょう]など水虫以外の皮膚病があります。(2)については、足の裏がかゆいと水虫で、かゆくないと水虫ではないと思われている方が非常に多いので、かゆいところにだけ薬をつけて、かゆみがなくなったら塗るのを止めてしまい、きちんと薬がつけられていない場合が考えられます。水虫の薬は白癬菌[はくせんきん](カビの一種)を殺す薬で、水虫で現れた症状を短い時間で治す薬ではありません。菌を殺して、症状をなくすのには時間がかかります(一般に数ヶ月程度、最短数週間、治りにくいものは半年程度)。(3)については、爪の水虫や足の裏ががさがさになる水虫ではつけ薬だけでは治りにくく、飲み薬が必要となります。
 そこで質問に対する答えですが、(こたえ)適切な治療が行なわれていないために水虫が治らないだけで、きちんと治療をすればほとんどの場合治りますすなわち、(1)治療前に皮膚科で水虫の診断を行ない(顕微鏡検査で白癬菌を証明)、(2)広範囲に、十分な期間、塗り落としがないようにつけ薬を塗って、(3)りにくい場合には飲み薬を併用すればほとんどの水虫は治ります。ただし、水虫はウイルス感染などと違って終生免疫はできませんので、一度きれいに治ってもケアが不十分であれば容易に再発します完治を目指すには、治療と並行して、足を乾かしてきれいにする、家族の水虫の人も治療する、足ふきマット・タオルは共用しない、通気性の良い靴下を履く、同じ靴を続けて履かない etc.といった日常生活における注意にも気を配らなければなりません。


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集