よくある質問集

(第4回)無香料・低刺激の石けん、化粧品を使っているのでかぶれるはずがないのですが !?

 外用剤では一定期間品質を保持させるために防腐剤などの添加剤が必ず必要となります。パラベンはその代表的な成分ですが、かぶれをおこすことがあることからパラベンフリー(パラベンが入っていない)の商品が低刺激性として数多く出回っています。パラベンについては、いろいろな点で他の添加剤に優れていることからその使用量が突出して多くなっており、そのためにかぶれを起こす例が目立ちますが、実際には他の添加剤のほうが安全だとは決して言えないようです。一般に、外用剤で使用されている添加剤は商品(メーカー)ごとで異なり、かぶれなどの副作用がみられるかどうかよくわかっていない場合もめずらしくありません。アレルギーテスト済などの表示のもと、すべての人に安全な印象をあたえる商品をときどき見受けますが、これらの商品にも何らかのかぶれを引き起こす成分が入っている可能性があります。又、逆にパラベンや香料などかぶれをおこすことのある成分が入っていても、全員にかぶれがおこるわけではありません。つまり、すべての人に100%安全な石けん、化粧品というのはありません従って、実際に使用している石けんや化粧品にかぶれている可能性が少しでもあるときにはパッチテストを行なって安全かどうかを確認しなければなりません。


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集