なるほど!皮膚科豆知識

(第2回)ジェネリック医薬品(後発品)について

 平成15年4月よりサラリーマンの医療費負担が2割から3割に負担増となったことから「医療費をできるだけかからなくするためにジェネリック医薬品を処方してもらいましょう」という働きかけがマスコミを中心にしばしば見られるようになりました。そこで、ジェネリック医薬品についてご存知ない方もいらっしゃると思いますので最初にご説明しておきますと、ジェネリック医薬品とは新薬(日本で最初に発売されたお薬)の特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て発売される薬で、新薬が先発品と呼ばれるのに対して後発品と呼ばれています新薬は特許を出願してから20~25年間は開発メーカーが独占的に製造販売することができますが、その特許が切れれば、ジェネリック医薬品メーカーが同じ成分、同じ効き目の医薬品を後発品としてより安価で製造販売することができるようになります。実際に、新薬が発売されてから一定期間がすぎると、多くの後発品が市場に出回るようになり、他院で処方された薬で商品名を一度も聞いたことのないものを調べてみるとたいていの場合はジェネリック医薬品です。
 後発品の一番の特徴は値段が安いということです新薬は開発に投資した費用が薬剤の価格に反映されていますが、後発品はその分の費用がかからないために安い価格にできるわけです。ここで注意しなければならないのは、後発品は十分な治験(薬の投与例での効果や副作用についてのデータ分析)が行われていないため、安全性などのきちんとしたデータがないことです。成分が同じということですが、主成分は同じではあるものの添加剤などを含めてすべてが全く同じわけではありませんすなわち、主成分が同じでも、その他の成分が異なると薬自体の吸収のされ方が異なり、そのために効果が弱くなる可能性がありますその他、アレルギーなどの副作用についても添加剤などが原因となる場合も少なくありませんので、先発品では問題なかったものが後発品では副作用が出るという事もありえる訳です。テレビコマーシャルや情報バラエティー番組、時にはニュース番組の特集などでジェネリック医薬品は先発品と全く同じもので、しかも値段が安いといった内容がしばしば伝えられているのには非常に問題があると思います。かつてのうなぎの産地偽装騒動とジェネリック医薬品を普及させようとする動きは矛盾しているように思われ、食の品質・安全には非常に神経質でありながら、薬の品質には寛容な姿勢が不思議でなりません。ジェネリック医薬品は「安かろう悪かろう」ということが正確に伝えられるべきだと思います。とはいうものの、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の治療薬など、薬の値段が非常に高い場合には先発品と後発品の値段の差があまりにも大きいため患者さんの負担を考えますと、効果は(少し)劣る、あるいは安全性に(少し)問題はあるかもしれないが、安い方が良いという方につきましてはジェネリック医薬品が使われても良いと思います。患者さんのあいだでよく誤解されているのは、値段が高い分先発品を使うと医者に利益があがり、後発品を使うと利益が下がるので後発品を使わないのではないかということですが、このようなことはありません。薬の値段も一般の商品と同じで、卸値と売値があり(しかも、卸値は卸・製薬メーカーに、売値は役所によって決められており医師の裁量は及びません)最近は毎年のようにその差がなくなり、一昔前までのように薬だけで利益があがるということはほとんどありません。
 当クリニックは院内処方を行なっており、数種類のジェネリック医薬品を除きほとんどの薬剤において有効性、安全性の点から先発品を扱っております。尚、ジェネリック医薬品ご希望の患者さんにつきましては院外処方にて対応させていただいておりますので診察時にお申し出ください。


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集