よくある質問集

(第6回)「ステロイドは副作用が怖いので使いたくないのですが」

 皮膚科で使用することの最も多いステロイドは副腎皮質ステロイドホルモンの外用剤です。多くの患者さんが、副腎皮質ステロイドの注射や内服による副作用が外用でも簡単に見られると誤解されています。作用の強いステロイドを広範囲に長期間使い続ける場合を除いて、外用剤による副作用は主に局所だけに見られます。具体的には、毛のう炎などの皮膚局所の感染症、皮膚萎縮、酒さ様皮膚炎(灼熱感と毛細血管の拡張をみとめる)、多毛などがあげられます。皮膚科専門医の診察のもと、指示通りに使用する限りはこれらの副作用のことはあまり心配いりません。皮膚科専門医はステロイド外用剤の作用、副作用を熟知した上で、副作用の出現に注意をしながら症状をおさえるために必要最低限にステロイドを使用します。外用する皮膚の部位、皮膚症状の強さ、年齢などを考慮して、外用するステロイド(の強さ)を決めますが、ステロイドの不適切な使用を続けると、症状がよくならないばかりか、一層悪くなります。
 ステロイドは炎症を抑える薬で、皮膚炎の赤みをとるための薬です。十分に赤みがなくならないうちに治療を止めますと再発することも少なくありません。ただし、よく効くからとだらだらと使い続けることは最も避けなければなりません。つまり、赤みが治まるまではしっかりと塗り続け、症状が十分に良くなってからは使用を中止して経過を見なければなりません。また、ステロイドの治療はあくまで対症療法ですので、ステロイドを十分に使用した後に再発が見られる場合には症状を悪化させる原因を取り除くことを考えなければなりません。
 内科・小児科で一般に行われている喘息治療におけるステロイドの吸入療法、および耳鼻科で一般に行われているアレルギー性鼻炎の治療におけるステロイドの点鼻療法と同じように、ステロイドの皮膚外用療法はアトピー性皮膚炎をはじめとするさまざまな皮膚疾患の治療の中心となっています。


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集
クリニック・ドクターについての情報はこちら