アトピー便り

アトピー便り82:リンゴのアレルギーから

先だっていろいろなフルーツを食べると毎回調子が悪くなるということで女性の方が検査を希望されて受診されました。受診時もリンゴを食べた直後でぜん息の様な症状が見られおり、リンゴは当然検査しましたが、その他にもいろいろなフルーツのアレルギー症状や花粉症の症状も見られるとのことから、花粉食物アレルギー症候群を疑ってひと通り調べました。結果、豆乳アレルギーが見つかりました。豆乳を口にすることがないので、今まで症状が見られたことはありませんでしたが、豆乳アレルギーでは重篤な症状が見られることが比較的多く、注意が必要であることを説明しました。
通常のアレルギー診療では問診からアレルギーが疑われた場合にアレルギー検査を行ないますが、患者さんからの情報、自己申告に基づきますのですべてのケースでアレルギーが確認されるわけではありません。
今回の患者さんも、当初はアレルギー症状もはっきりせず、漠然とアレルギーが心配で検査をして欲しいということでしたので保険外での検査の説明をしていたところ、ぜん息の様な症状が見られたうえに話を改めて聞いてみますとアレルギーの可能性を疑わせる情報がいくつもありましたので保険診療でのアレルギー検査を行ない、花粉食物アレルギー症候群(豆乳アレルギー)の診断に至りました。
アレルギーの診断には問診(患者さんからの情報)、ならびに実際の症状の確認が大切であることを再認識しました。

2019/7/26

 


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集
クリニック・ドクターについての情報はこちら