アトピー便り

アトピー便り83:夏の花粉症と小麦のアレルギー

以前にもお話したことがありますが、イネ科のアレルギーがある患者さんで、食物の小麦を食べた時に花粉症の症状が強く現れるケースを診察させていただく機会がありました。レーズンパンを早朝に食べて数時間後に顔が赤く腫れたということで受診されました。当初は小麦依存性運動誘発アナフィラキシーを疑い、血液検査を行なったところ、RAST ω-5グリアジンがクラス0で、小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの可能性は低いものと考えましたが、同時に検査したRAST 小麦(花粉)がクラス6、小麦(食物)がクラス3、グルテンがクラス3でした。これらの血液検査の結果より、イネ科(場合によっては小麦)の花粉症の患者さんが小麦を摂取して、その直後にこれらの花粉に触れる機会があって、花粉症の症状が強く出たものと考えました。実際に朝食後から症状が出るまでの間にイネ科の植物の近くにいたことも確認できました。イネ科の花粉症は時期的に終わりに近づいていますが、埋もれているこのようなケースを少しでも明らかにしていくことができればいいなと思いました。

2019/9/9


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集
クリニック・ドクターについての情報はこちら