アトピー便り

アトピー便り84:アトピー外来便り2019.11.

夏期の新患、初診患者さんの多い時期からしばらく時間が経ちましたので、外来は定期的に受診される再診患者さんが多くを占めています。最近特に急に寒くなってきましたので、空気の乾燥のためにご年配の方の乾皮症やアトピーの患者さんが目立つようになってきました。早めのスキンケア、治療を心がけてください。
食物アレルギーは、完全除去から必要最低限の除去へ、具体的には皮膚を介して食物アレルギーが起こることを予防するために乾燥肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚症状を改善させながら食べれるものは食べていくという方針で対処されるように変わってきています。汗はアトピー性皮膚炎を悪化させるので汗をかかないようにかつては指導されていましたが、汗のうっ滞はかゆみの原因になりますが、汗自体は保湿効果が高いので、汗はしっかりとかいて、そのあと汗が残らないようにすぐにケアをするように指導されるようになりました。
皮膚の乾燥だけは相変わらずアトピー性皮膚炎の悪化因子であり、乳児のアトピー性皮膚炎の発症因子でもありますので、重ねて早期のスキンケア、早めの治療の重要性を強調しておきます。

2019/11/14

 


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集
クリニック・ドクターについての情報はこちら