アトピー便り

アトピー便り85:大人の卵アレルギー?!

卵アレルギーといえば、小児の病気、重症の場合に限り小児期から継続することはあっても大人で起こることはないと思っていました。ところが、先だって出席した日本皮膚免疫アレルギー学会のシンポジウムで、セキセイインコなどの鳥類を飼っている間に羽根や糞に気道感作されて、卵黄摂取後にアナフィラキシーを起こすbird-egg syndromeという病気の存在を知って驚きました。
長年セキセイインコを飼っている状況で、通常の卵アレルギーのアレルゲンである卵白ではなく、卵黄が原因で起こること、セキセイインコを飼わないで過ごすと治る可能性があるとのことでした。実際の症例では鶏肉アレルギーも見られ、セキセイインコが亡くなってから症状がみられなくなったことが紹介されていました。
卵を食べると調子が悪くなるとのことで卵アレルギーを心配して受診される患者さんが時々にいらっしゃいますが、再現性、即時性がみられないことからその可能性がない旨をその都度説明をしてきました。しかも大人で発症する卵アレルギーはないことを前提にお話していました。これからの診療では大人の卵アレルギーもありうるという前提で鳥の飼育歴については最低限チェックしなければならないと思いました。

2019/12/3

 

 

 

アトピー便り84:アトピー外来便り2019.11.

夏期の新患、初診患者さんの多い時期からしばらく時間が経ちましたので、外来は定期的に受診される再診患者さんが多くを占めています。最近特に急に寒くなってきましたので、空気の乾燥のためにご年配の方の乾皮症やアトピーの患者さんが目立つようになってきました。早めのスキンケア、治療を心がけてください。
食物アレルギーは、完全除去から必要最低限の除去へ、具体的には皮膚を介して食物アレルギーが起こることを予防するために乾燥肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚症状を改善させながら食べれるものは食べていくという方針で対処されるように変わってきています。汗はアトピー性皮膚炎を悪化させるので汗をかかないようにかつては指導されていましたが、汗のうっ滞はかゆみの原因になりますが、汗自体は保湿効果が高いので、汗はしっかりとかいて、そのあと汗が残らないようにすぐにケアをするように指導されるようになりました。
皮膚の乾燥だけは相変わらずアトピー性皮膚炎の悪化因子であり、乳児のアトピー性皮膚炎の発症因子でもありますので、重ねて早期のスキンケア、早めの治療の重要性を強調しておきます。

2019/11/14

 

アトピー便り83:夏の花粉症と小麦のアレルギー

以前にもお話したことがありますが、イネ科のアレルギーがある患者さんで、食物の小麦を食べた時に花粉症の症状が強く現れるケースを診察させていただく機会がありました。レーズンパンを早朝に食べて数時間後に顔が赤く腫れたということで受診されました。当初は小麦依存性運動誘発アナフィラキシーを疑い、血液検査を行なったところ、RAST ω-5グリアジンがクラス0で、小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの可能性は低いものと考えましたが、同時に検査したRAST 小麦(花粉)がクラス6、小麦(食物)がクラス3、グルテンがクラス3でした。これらの血液検査の結果より、イネ科(場合によっては小麦)の花粉症の患者さんが小麦を摂取して、その直後にこれらの花粉に触れる機会があって、花粉症の症状が強く出たものと考えました。実際に朝食後から症状が出るまでの間にイネ科の植物の近くにいたことも確認できました。イネ科の花粉症は時期的に終わりに近づいていますが、埋もれているこのようなケースを少しでも明らかにしていくことができればいいなと思いました。

2019/9/9

アトピー便り82:リンゴのアレルギーから

先だっていろいろなフルーツを食べると毎回調子が悪くなるということで女性の方が検査を希望されて受診されました。受診時もリンゴを食べた直後でぜん息の様な症状が見られおり、リンゴは当然検査しましたが、その他にもいろいろなフルーツのアレルギー症状や花粉症の症状も見られるとのことから、花粉食物アレルギー症候群を疑ってひと通り調べました。結果、豆乳アレルギーが見つかりました。豆乳を口にすることがないので、今まで症状が見られたことはありませんでしたが、豆乳アレルギーでは重篤な症状が見られることが比較的多く、注意が必要であることを説明しました。
通常のアレルギー診療では問診からアレルギーが疑われた場合にアレルギー検査を行ないますが、患者さんからの情報、自己申告に基づきますのですべてのケースでアレルギーが確認されるわけではありません。
今回の患者さんも、当初はアレルギー症状もはっきりせず、漠然とアレルギーが心配で検査をして欲しいということでしたので保険外での検査の説明をしていたところ、ぜん息の様な症状が見られたうえに話を改めて聞いてみますとアレルギーの可能性を疑わせる情報がいくつもありましたので保険診療でのアレルギー検査を行ない、花粉食物アレルギー症候群(豆乳アレルギー)の診断に至りました。
アレルギーの診断には問診(患者さんからの情報)、ならびに実際の症状の確認が大切であることを再認識しました。

2019/7/26

 

アトピー便り81:夏の皮膚病(外来便り)

子どもの手足口病が松山市でも流行しているようで、当クリニックでも診る機会が増えています。その他ではりんご病、大人の水ぼうそうも見られました。これらのうち水ぼうそうを除いて治療法があるわけではありませんが、診断の見極め、生活上の注意事項がありますので、ご心配な方は医療機関を受診されることをお勧めします。アトピー性皮膚炎の患者さんでは乾燥症状が改善され、比較的落ち着く方と汗でかゆくなる方と両方いらっしゃいます。特に経過の長い方、症状の強い方は汗のケアをしながら、しっかりと治療を続けてください。夏の花粉症がある方はフルーツなどの食物アレルギーの症状が目立ちやすくなります。気になる方はアレルギー科を受診して、ご相談の上必要に応じて検査を受けてください。

2019/7/11


お役立ち情報ファイル

  • アレルギーに関する情報
  • 皮膚科全般に関する情報
  • なるほど!皮膚科豆知識
  • よくある質問集
クリニック・ドクターについての情報はこちら